食べる順番で太らない?その理由とは。

最近市民権を得てきた「食べる順番」。

昔は「三角食べしなさい!」ってよく言われましたが、時代は変わったようです。

野菜を一番最初に食べる

では、理想的な食べる順番とはどの様な順番でしょうか?

皆さんは、野菜は先に食べるという話をよく聞くと思います。

野菜だけに注意していればいいのでしょうか?

正解は次の通りです。

野菜・海藻(食物繊維)
 ↓
肉・魚など(たんぱく質や脂肪)
 ↓
ご飯・パン(炭水化物・糖質)

それに何の効果があるの?

これは、血糖値を急激に上げない為の食べ方です。

胃が空の状態で炭水化物を摂取する事で、消化が早くなり血糖値が急上昇し、インスリンが大量分泌されます。

インスリンは別名「肥満ホルモン」とも呼ばれます。

インスリンが大量に分泌されると、脂肪細胞に糖が運ばれ、肥満の原因となります。

また、インスリンの大量分泌は糖尿病の原因になったりもしますので、健康維持の観点からも重要です。

臨機応変に

でも、これを守らないと死んじゃうわけではありません。

折角の食事が台無しにならない様に、基本的には守って、でも皆で楽しく食べる時は何となく守ってって感じで、場に応じて対応しましょう。

どの記事でも書きますが、これを守るだけでダイエットはできません。

基本は摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。

「***だけで痩せる!」って事はありませんので、惑わされないようにしましょう。

でも、できる限り体に負担を掛けない方法なので、可能な限り実践しましょう。