脂肪吸収ブロック薬「ゼニカル」の評判と副作用など

ゼニカルを紹介しましたが、もう少し詳細を知りたいという方の為に、説明します。

ゼニカルの作用

fat

ゼニカルは脂肪分の吸収を30%抑える薬です。

食事をすると小腸で脂肪が吸収されますが、その吸収を抑える事で「脂肪を摂取していない事にしてしまう」究極のダイエット薬です。

脂肪分はリパーゼと言う消化酵素により分解され、遊離脂肪酸やグリセロールという体に吸収される形に変わります。

ゼニカルの作用は、このリパーゼと結びつく事で脂肪分が分解されなくなり、体に吸収されなくなるのです。

ちなみに、元から体に付いている脂肪はそのままで、新たに脂肪が付くのを防ぐ薬です。
(ゼニカル服用により、摂取カロリーが消費カロリー以下になれば、痩せてゆきます。)

従って、やせ薬とは言い過ぎで、太らない薬が正しい表現です。

ゼニカルの入手法

ゼニカルは薬局で販売されておりませんので、医療機関にかかり処方してもらうか、ネットでの個人輸入です。

使用したい方は、当方がいつも利用している「くすりエクスプレス」というサイトから購入すると良いでしょう。

こちらからどうぞ ⇒ ゼニカル

ゼニカルを処方される人

薬なので通常病院で処方されます。

うまくダイエットができない人や重度肥満の人、脂質異常症の人が病院へ行き相談した時に処方される薬です。

副作用も認められておりませんので、個人使用に限ってはネットでの個人輸入が可能です。

なので、今では多くの方が病院で処方してもらうよりも、ネットの個人輸入が便利なので個人輸入で購入しています。

ゼニカルの副作用、気を付ける点

ゼニカルはほぼ全量が体から排出されますので、体に残ったり蓄積される事はありません。

この薬自体の副作用はありませんが、服用するにあたり注意する点はあります。

1、ビタミン不足

脂肪分が吸収されない為、脂溶性ビタミンも吸収されずに排出されてしまいます。

具体的には、ビタミンA,D,E,Kが不足がちになります。

ゼニカル服用時にはビタミン剤を摂取する事で、これらを補うようにしましょう。

ビタミン剤はゼニカルの効果が薄れるタイミングで摂りましょう。

2、便が緩くなる

脂肪分が吸収されていないので当然ですが、便の中の油分が多くなります。

軟便です。

思ったより早く便意を感じたり、下痢気味になったり、オナラで油分がちょっと出ちゃったり(笑)する事があるようです。

いつでもトイレに行ける状態にしておきましょう。

便秘気味の人は大丈夫とも言いますので、個人で差があるようです。

外出先で使用する前に自宅で何回か試してみましょう。

3、低カロリー食の時は摂取不要

低カロリーな食事の時には摂取する必要はありません。

脂肪を排出する薬なので、炭水化物が多い時にはフェーズ2(糖質ブロック)をお試しください。
⇒ フェーズ2【糖質ブロック】500mg 1箱【30錠】

効果的な服用方法

食事中、もしくは食後に1錠(120mg)服用します。

食事時間が長い時(コース料理など)は、食後に服用しても遅いので食事中に服用するようにします。

服用時には総合ビタミン剤にて排出されるビタミンを補給するようにしましょう。

脂溶性ビタミンの欠乏症の症状
夜盲症、成長障害、皮膚や粘膜の乾燥、骨軟化症、骨粗鬆症、血液凝固不足など。

利用者の声

使った人はわかりますが、凄い出ます、、油が!出た油の量でそれぞれの食事の脂肪分?がだいたい予測できるようになりましたよ(笑)

脂っこい食事でも油分をカットしてもらえて痩せると聞いて試しに買ってみました。
ダイエットというより、健康維持のために良さそうです。
食べたものの油分30%が体に吸収されずに排泄されるなんて油をたっぷり使った揚げ物などの食事のあとも嬉しいです。

もともと便秘なので、みなさんが書いてあるほど大変ではありませんでした。
痩せる、というよりかは、食べ過ぎた時、急激や体重増加を抑えるため、という感じです。

飲みはじめてトイレに行くと面白いくらい油が浮きます。
元々便秘なので、ナプキンをしていないと洩れるとかはなく、コーラックと併用でお通じが良くなった感じです。
肌荒れも、特になし。飲むのをやめたら普通にリバウンドしました。

「脂肪を吸収せずに排出する」という単純でわかり易い薬であり、実際に服用した結果も吸収されず排出されています。

従って薬の効果に対しての不満は見当たりませんでした。